格安SIMってなに?MVNOってなに?

格安SIM速度比較ランキング
格安SIM速度比較

キャリア契約では月額6,000円が当たり前

今の時代、携帯電話を持っている人は多くなりましたが、昔にでた携帯電話を持っている人より新しくでたスマホやiPhoneなどのタッチパネル式のスマートフォンを持っている人が増えてきています。普通の携帯電話とは違い機種にボタンがなく液晶に映し出されるものを指でタッチすることにより操作ができる携帯電話が人気を集めています。しかし、スマホやiPhoneがでてきたことにより携帯電話の基本使用料や通信料などが少し高くなっているようです。
docomo・AU・Softbankで契約していると、特に電話をしなくても、月額6,000円前後かかってしまうのが現実です。

携帯電話料金を安くする新たな潮流

そこで携帯電話の通信料を抑えるために格安のSIMカードが人気を集めています。
では格安SIMとはどのようなものなのでしょうか。

最近の携帯電話は、SIMカードを入れ替えることにより使用できるようになっています。

格安SIMカードは月額で料金が決められています。種類によっては通信料の制限もあるようです。安いものですと月額数百円からSIMカードを購入できるようですが、SIMカードの種類によって通信回線の速度や料金なども全く変わってきます。

家電量販店でも販売されている格安SIM

家電量販店などでも販売されているようなので、格安のSIMカードを使用する場合使い方や料金についてしっかりと聞いておきましょう。使い放題のSIMカードもあるようですので携帯電話の料金を少しでも節約したいと思っている人は格安のSIMカードについて一度調べてみてください。毎月かかってくるものですので少しでもコストを安く抑えられるようにできるといいですね。

最近では、ヨドバシカメラ・ビックカメラ・ヤマダ電機などの大手家電量販店でも、格安SIMが販売されています。
携帯代を抑えたい方は、近くの家電量販店で格安SIMについて聞いてみると良いでしょう。

即日MNPも可能

そういった大手家電量販店には、即日MNP対応カウンターが併設されているケースもあり、
通常3~5日掛かるMNP手続きが即日で出来ることもあります。
電話番号を変えずに、格安SIMに乗り換えたい方でも、気軽に乗り換えが出来るようになっています。

ただし、MNP転出手数料・MNP転入手数料等がかかりますので、電話番号が変わっても良いという方は、各格安SIMブランドの公式サイトから申し込むほうがお得です。

格安SIMブランド=MVNO

各格安SIMブランドのことをMVNOと読んでいます。

有名なMVNOを上げると、
・楽天でんわ(楽天株式会社)
・OCNモバイルONE(NTTコミュニケーションズ株式会社)
・BIGLOBE LTE(ビッグローブ株式会社)
・U-mobile(株式会社U-NEXT)
・Wonderlink LTE(パナソニック株式会社)

これらを総称して、MVNOと読んでいます。

これから、格安SIM・格安スマホへの乗り換えを検討している方には、ぜひ覚えていただきたい単語の一つです。

MVNOとキャリアの関係

docomo・AU・Softbankを総称して、キャリアと呼びます。

これに対して、キャリアの回線・基地局を借りて、
格安SIM・格安スマホを提供しているブランドを総称して、MVNOと呼びます。

多くのMVNOが、docomoの回線・基地局を借り受けて、格安SIM・格安スマホサービスを提供しています。
UQモバイル・mineoといった一部企業のみ、AU回線を借り受けて、格安SIM・格安スマホサービスを提供しています。

Softbankは、回線使用料が高いようで、今現在、Softbank回線を利用したMVNOは存在していません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)