SIMサイズは違えど、ICチップの大きさは同じ

格安SIM速度比較ランキング
格安SIM速度比較

SIMカードというICチップをつけているカードには種類があります。3種類にわけられているこのSIMカードなのですが、それぞれにより違う機能がついているということはあるのでしょうか。

ICチップの大きさは同じ

実は大きさは違うのですがICチップの部分の大きさについてはすべて同じものになります。周りの大きさが違うだけなので、機能の違いというものはありません。しかし、SIMカードは自分でも購入することができるのですが、使える端末によってはSIMカードの種類を選ばなければならないことがあります。サイズにより差し込むサイズが違いますのでしっかりと自分が使う端末に合ったSIMカードを選ばなければなりません。しかし、一番小さなサイズのnanoSIMカードについては便利な機能がついています。標準SIMカードについては大きさも一番大きいので違うサイズのものに変換するということはできないのですが、nanoSIMカードについては一番小さなサイズのSIMカードになりますので変換アダプタを購入することにより使用することができます。自分の端末に合うサイズがどうしてもわからないという場合はnanoSIMカードを購入することをオススメします。端末によってサイズが違うということなのですが、SIMカードを差し込むところを見ることにより確認することはできます。ものさしなどで測るとサイズを確認することもできますのでまったくサイズがわからないという場合は一度端末のSIMカードの場所を調べてみるといいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)