3G回線と4G回線について

格安SIM速度比較ランキング
格安SIM速度比較

携帯電話を契約する時にSIMカードというものが一緒についてくることになっているのですが、SIMカードを入れることにより電話やメールをすることができるようになります。しかし、この電話やメールをするためには、回線を使うことも必要になります。この回線は今は、3Gと呼ばれるものや4G と言われるもの、Wi-Fiと呼ばれるものがあります。呼び方も違うのですが、名前以外にも違うことがあります。それはつながる速度や使える場所などです。まずは3G回線についてご説明させていただきます。

3G回線は、(3rd Generation)と呼ばれる電話回線のことです。この3G回線はたくさんのところで電波を放っているのでほとんどの場所で電波をひろうことができます。どこでもつながるということで便利だと思う人も多いとは思うのですが、4GやWi-Fiを使ったことがある人にとってはインターネットにつながる速度が遅いと思う人もいるようです。実際に私も4GやWi-Fiを使っていることが多いので、3G回線になってしまった時は遅いと思ってしまいます。この3Gや4GやWi-Fiは携帯電話にもよりますが、電波を勝手にひろってくれる携帯電話もあります。Wi-Fiの場合はパスワードが必要になる場合もあるのですが、誰でも使えるWi-Fiもあるようですので、その場合は携帯電話がWi-Fiをひろってくれることになります。インターネットをサクサク使いたいと思う場合は3G回線より4G回線、4G回線よりWi-Fiの電波をひろうことがおススメになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)