SIMカードってなに?格安SIMの基礎知識

格安SIM速度比較ランキング
格安SIM速度比較

携帯電話には必ず入ってるSIMカード

携帯電話を持っていますか?この質問をするとほとんどの人がイエスと答えるはずです。今では携帯電話を持っていない人はいないのではないかというぐらい携帯電話の普及率がアップしています。

家の固定電話をひかないという人も増えてきています。携帯電話はなぜこんなにも普及しているのか。これはやはり連絡をすぐにとれるということができるからではないでしょうか。遠くにいる人でも近くにいる人でもすぐにメールや電話でやりとりができるのはとても便利なことです。少し伝え忘れてしまったことやどうしても伝えなければならないことなど、すべてを携帯電話ですますこともできるのです。そんな便利な携帯電話ですが、携帯電話は電波をひろうことによりメールや電話ができるようになるのです。

契約プランなどを識別する重要なICチップ

実は、その電波を拾えるのはとても小さなICカードのおかげなのです。そのICカードの名前はSIMカードといって携帯電話を契約した時に本体に差し込まれています。このカードがささっていないと携帯電話の機能は使うことができますが、電波を使うメールや電話やネットを見たりアプリをダウンロードしたりということはできません。携帯電話の心臓のようなものなのです。携帯電話を契約する時に説明をうけると思うのですが、中に入っているとなかなか見ることもないですし触ることもないですよね。

しかしSIMカードが入っていないとメールも電話もできません。携帯電話に重要なSIMカードについて少しだけご紹介させていただきました。

SIMカードがIDカード代わり

SIMカードがIDカードのような役割を持っており、
解約済みのSIMカードを挿入しても、圏外表記になるのは、ICチップに記録された情報で契約中のものなのか、また契約しているプランは何なのか。ということを認識し、基地局と通信しています。

SIMカードに含まれる情報

SIMカードには、名前や住所などの個人情報は含まれていません。
記憶されている情報といえば、電話番号と固有の識別番号程度です。

格安SIMが普及した現在、データSIM・通話SIMなど二通りの格安SIMプランがありますが、データSIMにも電話番号が割り振られています。

SIMカードを差し替えるだけで使える理由

このように、SIMカードに電話番号や識別番号が記憶されていますので、新機種を買った際に、SIMカードを差し替えるだけですぐ使えるようになるのは、このSIMカードで契約しているプランや電話番号が認証される仕組みになっている為ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)