mineoをキャンペーンなどを利用してお得に使う方法

格安SIM速度比較ランキング
格安SIM速度比較

mineoのチェックすべき項目

mineoとはMVNOの一種であり、格安スマホや格安SIMを展開しています。NTT docomo、au、Softbankなどキャリアのスマホ代が高いと感じていた方ほど節約効果を感じられる料金体系が魅力の一つです。mineoは、1310円/月というお得な価格で利用することができるので、注目されています。MVNOとしては国内で初めてのマルチキャリアであり、docomoとauこの二つのキャリア回線が選べる格安サービスとして注目されています。通話エリアや音質はdocomoやAUと一緒ですので、どこのエリアでも安心して使えます。これからmineoへのMNPを検討中の方の為に、mineoをどこよりも分かりやすく解説しました。mineoの良い所、悪い所を分析してみました。

docomoとAU回線の激安なスマホ

mineoは、docomo回線とAUの回線を利用し、格安でスマホを利用することが出来ます。音声通話の品質もかわらず、共通のサービスエリアも使うことができます。docomoとauのキャリア回線なので、この二つのキャリアに対応したスマホならそのまま使用できますので、スマホを新たに購入しなくても大丈夫です。機種代がかからないというのは大きいですね!無論、mineoでセットで売られている格安スマホを買って利用することもできます。どこでも繋がるキャリア回線を安く使うことができますし、docomoの回線を使うプランにするか、auの回線を使うプランにするか、好きな方を自由に契約することができます。それぞれ月額料金が少しだけ違いますので、その点も加味して、比較検討してみると良いかもしれません。

高品質通話VoLTE対応プランがある!

VoLTEに対応したプランがある会社として有名なのが、mineoです。VoLTEとは、今までの音声通話よりも聴き取りやすい高音質な通話が可能になった、日本ではNTTドコモが2014年から提供を始めた新しいデータ通信技術です。今までの音声通話では、300Hz?3.4kHzの周波数の音声でないと感知することができませんでした。VoLTEの周波数帯域は50Hz~7kHz。今までカットされてしまっていた低音部、高音部を幅広くカバーしています。そのため、今までよりも格段に品質の高い通話音声が出来るようになったのです。mineoだからこそ使えるこの新機能VoLTE。非常に大きなプラスポイントです。

容量くりこしができる!

mineoに関しましては、余った通信量を翌月に繰り越すことも出来、毎月使うデータの量がバラバラの方にとっても、気兼ねなく使用できると言う点は大きなメリットになります。

mineoスイッチを活用して通信量節約

mineoスイッチを利用すれば、通信速度の高速・低速を選ぶことができます。データ使用量を管理し、無駄なく使うにはうってつけの機能なのです。mineoのスイッチと公衆無線LANを適切に組み合わせれば、より安い料金プランを選択することも出来るようになります。非常にお得なMVNOですので、是非ご検討下さい。

mineo月額費用と解約

mineoの使用を検討するために、料金形態や通信速度について紹介しましょう。あなたの現在の電話代とどれくらい違うかを比べながら、mineoを使った場合に料金がどれくらい安く抑えることができるのか、手掛かりとしてください。 月額プランの詳細を見てみましょう。

mineoの料金プラン・初期費用

マイネオの料金プランは、格安なデータ通信専用SIMと音声通話付きSIMと二種類の料金体系となっております。音声通話ができるSIMとは、070・080・090から始まる電話番号が利用できるものですので、通話機能が必要な携帯電話として使いたいときには、音声通話SIMを利用したほうがいいですよ。通話SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:1,310円、1GB:1,410円、3GB:1,510円、5GB:2,190円、10GB:3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:1,400円、1GB:1,500円、3GB:1,600円、5GB:2,280円、10GB:3,220円となっています。

データ専用SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円です。

mineoの解約制限

MNP転出手数料について、説明していきます。mineoは解約違約金や最低利用期間の設定がなく、サービスの解約時に手数料が必要ない珍しいMVNOです。格安スマホを気軽にお試し出来るという点で、他社にはないMVNOの魅力のひとつです。12カ月以内に他社にMNPで転出した場合だけは、転出料として12,420円が請求されます。音声SIM契約の場合には、この点気をつけてください。

mineoの回線速度に関して

ここではmineoのデータ通信速度について紹介していきます。ドコモ回線を利用するプランでは225MbpsのLTE回線ですし、AU回線でも、225MbpsのLTE回線となっています。ウェブサイトやニュースなどでも知られていますが、混雑時間帯では、ガクって落ちたりするって言われてますけど、大手キャリアの回線を使っているプランならそんなことはなくて、とても快適なスピードで通信できます。通信速度を気に掛ける方であれば、キャリア契約が適しているといえます。しかし、これだけの安さで提供している訳ですから、トータルに考えると、mineoなどの格安スマホサービスは利用する価値は高いでしょう。

mineo Aプランでの速度制御について

キャリアにしろ、MVNOにしろ、利用者全てが平等に使えるように、データの通信が多すぎるユーザーがいる場合は、そのユーザーは通信速度を制限する措置の対象になります。これは、ここ3日間のデータ使用量で計算され、一定の限度を越えてもなお、アクセスし続けようとする利用者に対して、通信の速度にリミットがかかります。通信速度が元に戻るには、直近3日間で使用したデータの量が既定の値より少なければ解除されます。利用量が通常の範囲であれば、制限の対象になることはまずないと思われます。mineoでは、各プランごとの規定値は決められておらず、Aプランは、全プラン共通で3GB/3日が規定値になっています。

マイネオ Dプラン帯域制限

ドコモ回線を使うmineoのプランのメリットは、直近の3日間にデータ通信量をもとにした速度制限は発生しません。日によって、データ通信量の増減に開きのある方は、auの回線よりdocomoの回線で契約した方が、3日制限に掛かる事を気にしなくていいでしょう。これらに関しても、どちらのプランが適切か比べてみてください。

終了間近のキャンペーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)