楽天モバイルの速度と魅力について

格安SIM速度比較ランキング
格安SIM速度比較

通信速度

楽天モバイルの場合、ドコモの回線を利用して、225Mbpsという高速通信を可能にしています。速度に関しては、docomoと同じ回線ということで、安心のスピードですね。ドコモと同じ回線なのに、お値段が破格なのは、楽天モバイルの強みとなりそうです。楽天モバイルをはじめとした、格安スマホ・MVNOは、今後どんどん人気が出るのではないでしょうか。

楽天モバイルの72時間制限

キャリアにしろ、MVNOにしろ、どの利用者も平等に通信できるようにするため、多くのデータを通信利用した者に、速度制限の処置を取っていました。最近3日間で使用したデータ量に応じて換算され、上限として設定された容量を超えた利用者に対して 、読み込み速度が遅くなる低速モードに強制的に変更されていたのですが、3日制限が廃止になったのは話題を呼びました。ということで、楽天の格安SIMにおいては、動画等を観たあとに、72時間制限の恐怖に怯える必要は皆無です。72時間制限の廃止はかなり有難いです。

楽天モバイルの特色まとめ

楽天モバイルはMVNOの一つで、格安SIM・格安スマホを取り扱っています。大手3キャリアからの乗り換えなら、スマートフォンにかかる月々の金額をかなり抑えることができます。楽天モバイルの格安スマートフォンなら、なんと月額1250円で使用でき、大手キャリアと比べるとかなりお得なので、大人気になっています。楽天モバイルは、キャリア3社であるdocomoの回線を利用しているため、通話可能エリアや品質がdocomoと同じだという安心感もあります。楽天モバイルを契約されている間は、楽天市場でのショッピングに対して2倍のポイントが貯められる特典もございます。さて、いきましょう!楽天モバイルの速度や解約・店舗情報など、楽天モバイルのすべてを網羅しました。楽天モバイルの良い所、悪い所を分析してみました。

docomo回線の格安スマホ

楽天モバイルの通信回線は、docomoと同じ回線を利用しています。ですから、通話品質としてはドコモを使用しているのとほぼ変わらなく、サービスが使える範囲もdocomoと同じく広範囲で、圏外で使えなくなることも少なく信頼度は高いです。ドコモのスマホであれば多くの機種でそのまま利用可能です。docomoのスマートフォンでなくても、楽天モバイルで購入できる機種を利用するのも良いと思います。ドコモのスマホを持ってる人なら、SIMカードの契約だけで全く今までと変わりなく使えるので、わざわざ楽天モバイルにするために高い機種代金を払う必要はありません。格安で安心して回線を利用したいのならば、NTTドコモの回線を利用した楽天モバイルは検討する価値があるサービスです。

セットのSIMフリースマホがありすぎて困る

楽天モバイルにしようと思っている人で、今使っているスマホが楽天モバイルでは使えない機種だった時は、新たにスマートフォンの購入が必要になります。楽天モバイルで取り扱っているスマートフォンは、楽天モバイルなら他のMVNOと比べて、非常に多くの端末を取り揃えていますので、きっとお好みの1台が見つかることと思います。スマートフォンだけでなく大きな画面で使用したいタブレット派の人のためにも、たくさんの端末が用意されています。ただ、本体購入の際に気をつけることとして、端末代金を分割払いにしようとすると、楽天カードが必須という点です。もし、楽天カードを持っていない時は、スマートフォン本体代金の支払い方法は一括払いしかありません。しかしながら、MVNOの中では端末の種類が最多であり、選ぶ幅が広いという点は、楽天モバイルの最大の魅力であるといえます。

容量の翌月繰越し

プランごとにデータ容量が違いますが、データ使用量が少なくて、余ってしまう月もあると思います。このような時、楽天モバイルなら、使い残した分の容量を次の月に引き継ぐことができます。MVNOによっては、翌月繰越しに対応していないものもあり、楽天モバイルのメリットでもあります。月額利用料も安いのですが、データ容量も無駄なく使い切りたいですよね。

電話料金が半額!楽天でんわ

楽天モバイルの「楽天でんわ」アプリを利用すると通話料が半額になり毎月のスマホ代がお得になります。IP電話と違って、プレフィックス型電話サービスと言うモノで、相手方の電話に、自分の番号が通知されます。通話相手への番号通知にはいつも使っている携帯番号がそのまま使われます。そのため通話相手からは、大手携帯キャリアを利用している時と違いを感じることはありません。IP電話の多くは、非通知発信しか出来なかったり050番号が相手先に通知されたりと、IP電話ということが分かってしまい、使いづらい部分がありましたが、楽天でんわではその心配はありません!楽天でんわを使ったときの通話料も、金額に応じて楽天ポイントが付与されますので、お得感も倍増といったところでしょうね。

5分かけ放題開始。

AU・ドコモ・Softbankの大手3事業者には、通話かけ放題プランがありますが、MVNOの大半が通話し放題サービスには対応していません。月々も支払いが安いのは嬉しいですが、メールやネットより通話がメインの人は不安に感じると思います。楽天モバイルでは、国内通話が最初の5分間は何回でも無料というオプションを、月々850円の料金で提供開始です。5分間何度でも通話料無料というオプションが使うのは電話回線なので、楽天でんわと同様発信者番号通知にも対応しているので、不審に思われることなく、5分間が通話し放題になるという利点があります。NifMoの話し放題サービスの多くは、電話番号が通知できないということが多いと言われています。楽天でんわを普通に使うと、だいたい1分で21.6円となるので、このオプションは。1カ月にトータルして43分以上利用することが多い方にとってはかなりおすすめです。

初月は料金が無料

楽天モバイルでは格安スマートフォンやSIMを契約すると、はじめの1ヶ月はタダで使えます。最初の一月というのは、SIMカードやスマートフォンの本体が契約者の元に届いた月です。SIMカードが月の初めに到着すれば、無料期間が1カ月となることもありますね!ただし、今、使っているスマホの更新月によっては、解約手数料の支払いが発生する場合があるので、月の初めまで待つのが果たしてオトクなのかということもあります。

楽天モバイルの月額プランと解約

楽天モバイルのお得な基本料金や初期費用についてご紹介します。毎月の携帯代と比べて、どの程度コストを削減できるか考えてみてください。どれだけ安くなるのか、楽天モバイルに申し込むと、どのようなプランが用意されていて、契約完了までにどのくらい費用が必要なのか具体的に説明します。

月額プラン・初期費用

楽天モバイルの料金は、格安スマホなどのSIMはデータ通信用と音声通話機能付きの2つがあり、料金が違っているって知ってますか。音声通話SIMでは070/080/090番号を使って通話可能ですので、今まで通りの携帯電話として使いたい場合には、間違っても、データ専用SIMを選択しないようにしてくださいね。通話SIMの月額プランは、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円、20GBプランで4,750円、30GBプランで6,150円となっています。

データ通信専用SIMの料金プランは、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円、20GBプランで4,050円、30GBプランで5,450円です。

200Kbpsの低速通信のみが使い放題になるベーシックプランと、それ以外のプランだと、LTEという通信速度の高速回線も使えるようになります。楽天モバイルでは、初期費用は一律3,240円だけです。ただし端末を購入する場合は、その費用も必要になります。

契約縛り

楽天モバイルの解約制限について、まとめましたので、ご紹介します。データSIMについては、最低の利用期間の設定はありません。極端な話、初月で解約しても違約金は掛かりません。かたや通話SIMは、12ヶ月間が最低利用期間となっています。最低利用期間内である12ヶ月以内に解約してしまうと、違約金として9,800円を支払わなければなりません。大手キャリアの場合、縛り期間が自動更新されキャリアと違い、1年以上経てばいつ解約しても良いので、安心です。

期間限定のキャンペーン情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)